TOP > パーツ特集 > パーツ用語辞典
パーツ用語辞典
パーツ用語辞典
dictionaly
さくいん
英数字
ア行
カ行
サ行
タ行
ハ行
マ行
ラ行
ジャンル別
エアロパーツ
オーディオ
サスペンション
シート
タイヤ・ホイール
ライト
吸排気パーツ
その他パーツ
P.C.D アウトセット インセット オフセット量
スタッドレスタイヤ スペーサー スリップサイン ゼロセット
鍛造/鋳造(たんぞう/ちゅうぞう) 窒素ガス ツメオリ ツライチ/ツラウチ
ひっぱりタイヤ フランジ記号 扁平率 ホイール径
ホール数 ラジアルタイヤ リム幅 ロックナット
P.C.D
 「Pitch Circled Diameter(ピッチ・サークルド・ダイアメーター)」の略で、ホイール取り付け穴の中心を結んだときにできる円の直径を表す。国産車では100oや 114.3oというサイズが一般的だが、輸入車のP.C.D.にはさまざまな設定があるので注意しよう。
アウトセット
 ディスクのホイール取り付け面がホイールの中心線より内側にある状態。ディスク面が奥まるので、いわゆるディープリムが可能になる。この状態は「アウトセット」とも呼ばれる。従来の「オフセット-30」は「アウトセット30」となる。
インセット
 ディスクのホイール取り付け面がホイールの中心線より外側にある状態。ディスク面がリムの外側に出てくるため、リム幅が細くなる傾向に。この状態は「インセット」と呼ばれる。従来の「オフセット+45」は「インセット45」となる。
オフセット量
 リム中心線からホイール取り付け面までのずれの量。単位は1o刻みで設定されている。また、2008年7月11日に名称が変更されオフセットの替わりに「インセット(アウトセット)」という呼称が用いられることになっている。詳細は別項を参照してほしい。
スタッドレスタイヤ
 スタッド=鋲(びょう)、レス=なしという意味で、鋲のない冬用タイヤということ。ゴムの質や溝の切り方で冬でも滑りにくくなっている。
スペーサー
 オフセットの合わないホイールをフィットさせるための金属のあて板。純正ハブボルト使用時はおよそ5o厚が限界。さらにワイド化するなら、ワイドトレッドスペーサーが必要。
スリップサイン
 タイヤの溝に1.6o盛り上がっている部分があれば、それがスリップサインだ。これが出てしまうと車検にも通らない。タイヤ限界を表している。
ゼロセット
 ディスクのホイール取り付け面とホイールの中心線が一致している状態。オフセットマイナス、オフセットプラスは、この状態を基本にして表されるのだ。正式には、2008年7月からこの状態を「ゼロセット」と呼ぶこととなった。
鍛造/鋳造(たんぞう/ちゅうぞう)
 ホイールの製造方法。鋳造は鋳型に流し込んで作るタイプ。鍛造は巨大な圧をかけて形状を作るタイプ。一般的に、鍛造が軽量高剛性とされるが、鋳造の技術も高まっている。
窒素ガス
 窒素ガス充填のメリットは膨張率が変化しないこと。サーキット走行でもしないかぎりメリットはない。
ツメオリ
 大径化したタイヤ&ホイールとの干渉を避けるために、フェンダーの内側を折りたたむこと。
ツライチ/ツラウチ
 ツライチはホイール面とフェンダー面がピッタリ一致した状態。ツラウチは、このツライチからホイール面がギリギリフェンダーをかぶった状態で、フェンダーとの干渉がない。
ひっぱりタイヤ
 太いホイールに細いタイヤをひっぱって装着すること。ハイトが低くなり、フェンダーに干渉しづらくなる。やりすぎるとタイヤが外れることも。
フランジ記号
 リムの外側部分であるフランジの形状を表す記号。通常、乗用車用ホイールは「J」か「JJ」で表記され、JJのほうが曲がり角度がきついとされている。
扁平率
 タイヤの幅に対して、高さを%で表したもの。一般的に、扁平率が低くなるほどスポーツ性能は上がるが、乗り心地は悪くなる傾向。
ホイール径
 ホイール外寸の直径を表す。通常は1インチ刻みで設定される。いわゆる17インチとか18インチというのは、このサイズのことを指す。リム幅のケースとは異なり、17インチのホイールには17インチのタイヤしかフィットしない。一般的に大きなホイールのほうが高値傾向。
ホール数
 ホイールをハブに装着するための穴の数。乗用車の場合は4穴か5穴が一般的だ。ただし、人気のハイエースやSUV車などでは、6穴というケースもある。本誌ではホール数を表す数字の後に「Hole」の略である「H」という文字を付けて記載している。
ラジアルタイヤ
 ラジアルタイヤは、タイヤの骨格とも言えるカーカスコードが、タイヤの回転方向に対して垂直になっている構造のタイヤのこと。現在では、ほとんどのクルマがこのラジアルタイヤを採用している。
リム幅
 リム幅の内寸を表す数値で、通常0.5インチ刻みで表記される。この寸法により装着できるタイヤの幅が決まる。リム幅が大きすぎると、ハンドルをきったときにタイヤがホイールハウスに当たってしまったり、ブレーキホースを切ってしまうなどのトラブルのもとになる。
ロックナット
 ホイール盗難防止用のホイールナット。専用のレンチがないと外れないようになっている。オススメ。

あなたの車の純正タイヤサイズが一発でわかる!

パーツ検索iPhoneアプリケーション登場!!

パーツを売却

検索履歴

最近チェックしたパーツはありません