TOP > パーツ特集 > パーツ購入基礎知識 > オーディオ パーツ購入別マニュアル
パーツ購入基礎知識
お宝購入マニュアル
ポイント3
ポイント.3 パーツ購入別マニュアル オーディオ
・テープなどの駆動系は修理代がけっこう高いぞ
 純正オーディオは、大半が取り説や配線キットなしの単品。ただし、同じクルマメーカー同士での配線カプラー取り付け穴位置の互換性は高い。また、汎用・互換配線キットを置いてある店もある。
 配線を継ぎ替えるなど加工してあるものは、ノイズが発生したりアンプ部が飛んでいたりする可能性が高いというリスクを含んでいる。
 中のアンプやチューナーは、配線ミスなどのダメージを受けていなければ、まず壊れることは少ない。反対にカセットなどの可動部分は、壊れる部分のナンバーワン。その動作についてのチェックは絶対必要だ。
 アンプやサブウーハーの増設などでシステム全体の消費電流が多くなる場合は、バッテリーからの別電源キットを購入、という対策も必要。
テープなどの駆動系は修理代がけっこう高いぞ
アタリのためのヒント
純正で液晶の内側がキレイなものは、新車時にすぐ交換という可能性が高い。スピーカーでコーンエッジがウレタンのものは、径年変化により割れてくるので注意しよう。
→タイヤ →ホイール →エアロパーツ →スプリング&ショック →ナビ&TV
→オーディオ →マフラー →ステアリング →チューニングパーツ →シート
パーツ購入基礎知識

あなたの車の純正タイヤサイズが一発でわかる!

パーツ検索iPhoneアプリケーション登場!!

パーツを売却

検索履歴

最近チェックしたパーツはありません