TOP > パーツ特集 > パーツ購入基礎知識 > マフラー パーツ購入別マニュアル
パーツ購入基礎知識
お宝購入マニュアル
ポイント3
ポイント.3 パーツ購入別マニュアル マフラー
・多少の凹みよりも中身の状態がもっともカンジンになる
 中古マフラーは、ウールやパンチングメタルが腐食している場合がある。ステンで外観はキレイだからといって安心は禁物。エキパイは、熱や振動で劣化や亀裂が発生していることがあり、これは外観で判断できる。また、前のオーナーが取り付け時にステーを加工していた跡がないかどうかもチェックしておきたい。
 ボルトは、固着や変形が当たり前。フランジのガスケットや吊りゴムも消耗品なので新品を購入したい。どれもその場で売っているはずだ。
多少の凹みよりも中身の状態がもっともカンジンになる
アタリのためのヒント
最近は、定番の大口径とは別に排気効率を重視した小径タイプも増えつつある。マフラーは、一種ファッション性もあるパーツなので、時代遅れのものを引かないように。
→タイヤ →ホイール →エアロパーツ →スプリング&ショック →ナビ&TV
→オーディオ →マフラー →ステアリング →チューニングパーツ →シート
パーツ購入基礎知識

あなたの車の純正タイヤサイズが一発でわかる!

パーツ検索iPhoneアプリケーション登場!!

パーツを売却

検索履歴

最近チェックしたパーツはありません