グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
ダイハツ ウェイク ワンメイクスペシャル tuned by BLESS CREATION
ダイハツ ウェイク ワンメイクスペシャル

昨年5月にマイナーチェンジを行いスマートアシストなどの快適装備が充実し、より使い勝手が向上したウェイク。
カタマリ感のあるデザインは個性的ながらドレスアップが楽しめるクルマだ。
今回はブレスクリエイションのデモカーを紹介。

軽自動車と思えないほどの佇まいが
クラス以上の存在感をもたらす

 限られたボディサイズのなかで、高いスペース効率を求めてボディスタイルが決められる軽自動車では、どうしても似たようなボディ形状になりやすいが、そんななか、唯一無二の個性を発揮しているのがダイハツ・ウェイク。背が高くてボクシーなスタイルと全体的にポップな雰囲気により、これまで軽自動車に乗ったことがないユーザーの心を引きつけ、新たなファンを獲得した。今や、軽自動車のなかでは人気モデルという存在だ。
 そんなウェイクをドレスアップする場合、まずポイントとなるのはやはりエクステリアだ。どこから見ても四角いボディは、デザインテイストとしてはユーロスポーツが似合う印象だが、純正でも使われているメッキパーツやLEDなどのライト系パーツとうまく組み合わせることで、アメリカンなスポーツコンパクトのスタイルもマッチングがいいかもしれない。ウェイクには「純正エアロ」の設定がないが、そのため、逆にアフターパーツで自由にドレスアップできる可能性は広がるといえるだろう。
 そしてエアロパーツ装着と同時に考えておきたいのが「車高のセットアップ」と「タイヤ&ホイール選び」だ。
 ウェイクはアウトドアレジャー用途で購入した人は多いと思われ、その場合、車高を下げる「ローダウン」には消極的になるかもしれないが、エアロパーツのデザインによっては、少し下げた方がスタイリングが良くなる。車高調整式のサスペンションは大手メーカー品をはじめ、いくつかのブランドから販売されている。車高調整式なら、ローダウンの微調整も可能だ。
 タイヤ&ホイールに関しては、リヤサスペンションがトーションビームアクスル式(FF)または3リンク式(4WD)なので、ローダウンしてもネガティブキャンバーは付かず、またスライドドアということもあり、とくに後輪にははみ出すほどの幅広のタイヤを装着することはおすすめできない。前後とも165mmのタイヤサイズのままで、純正より1インチアップの16インチホイールを組み合わせるというのが定番だ。そしてこのタイヤ&ホイールに合わせて、車高をセットアップするといいだろう。
 もともと背の高いウェイクを、あえてローダウンするというのも、インパクトのあるエクステリアを実現するためのドレスアップ手法のひとつだ。

EXTERIOR

特徴的なフォルムを活かしたエアロメイク

ブレスクリエイションのエアロパーツは、ノーマルのボディラインを生かしたシンプルなデザインが特徴。フロントハーフスポイラーは、リップ部分のダクトがアクセントとなるオリジナリティの高いデザインで、純正バンパーに被せるだけで装着できる。純正のフォグランプベゼルと組み合わせることができ、5連LED付きもラインアップ。サイドステップとリヤアンダースポイラーは両端部を張り出させたユーロスポーツテイスト。素材はすべてFRP製で、純正ボディカラーに塗装済みのものも設定している。

EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

PAINTED

各部に施したさり気ない塗り分けでカクカクボディにメリハリを与える

ウェイクはドレッシーなモデルらしく、ところどころにアクセントとなるカラーパーツを配置している。グリルやリヤガーニッシュ、ドアハンドルなどだ。エアロパーツ装着の際には、これらのアクセントカラーをうまく生かしたい。今回のウェイクではホワイトがベースということもあり、純正のシルバー&メッキ部分を残しつつ、エアロパーツの一部(リップ、ルーフエンドスポイラーなど)をチタンゴールド仕様とした。濃色系カラーではパターンが異なるが、こうした塗り分けの技術も参考にしたい。
PAINTED
PAINTED
PAINTED
PAINTED

The Roots of DAIHATSU WAKE

軽最大の室内空間や先進技術が搭載された至高のスーパーハイトールワゴン

第43回東京モーターショーに出展した「DECADECA」をベースに、軽自動車とは思えないほどの広い室内空間を実現。ファミリーユースや趣味車として人気を博している。昨年5月にはマイナーチェンジが行われ、ボディカラーの一部変更やレジャーに特化した新グレード「レジャーエディション」などが追加された。

ダイハツ ウェイク

TUNER

BLESS CREATION
BLESS CREATION
BLESS CREATION
神奈川県相模原市中央区東淵野辺5-17-14
TEL:042-730-3928
WEB:http://www.bless-pt.com

エアロパーツの企画・販売を行うブレスクリエイションでは、トヨタ、日産、ホンダといった国産メーカーのエアロパーツをはじめ、一部車種向けにオリジナルマフラーも販売している。また同社ではクルマ以外にもスクーターのエアロパーツなどもプロデュースする。現在新たな車種のエアロパーツを製作中とのこと。

Page1 ワンメイクスペシャル ダイハツ ウェイク
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル ダイハツ ウェイク)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧