グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
ホンダ オデッセイ ワンメイクスペシャル tuned by M-TEC
ホンダ オデッセイ ワンメイクスペシャル

ミニバンらしからぬ低床スタイルで人気を博したオデッセイは、現在で5代目となる。
スポーティなスタイルは変わらず、ハイブリッドを設定するなど着実な進化を遂げている。
今回は、オデッセイユーザー必見、無限のデモカーを紹介しよう。

憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする

 ホンダ・オデッセイは、Lクラスミニバンでありながら、アグレッシブなフォルムとホンダ車らしいスポーティな乗り味が人気を集めている。ホンダファンならずとも、そのスタイリングに魅力を感じる人は多いだろう。
 オデッセイをカスタムする際のポイントは、やはり、まず「エアロパーツ」などエクステリアパーツの装着と「ローダウン」ということになるだろう。ベース車が「アブソルート」の場合は、純正エアロが装着されているので、その状態からグレードアップさせていくか、あるいは純正品を外して、アフターパーツに一新するかという選択になる。また、「Gグレード」がベースの場合は、あえてアブソルートとは異なる方向性でのドレスアップを考えてみるのもいいだろう。
 そんなオデッセイのスタイルアップの参考になるのが「無限(MUGEN)」のドレスアップ仕様。後期型のアブソルート(ハイブリッド)をベースに、オリジナルのエアロパーツ、サスペンションキット、ホイールなどを装着したバージョンだ。
 エクステリアは前後バンパーにハーフタイプのスポイラーを追加する形で装着されるアンダースポイラーと、サイドステップ、リヤウイングという構成。フロントマスクのグリルは純正でも上下2段式になっているが、無限製も同様のパーツ構成とした(Gグレード用はアッパーグリルのみを設定)。もちろん、それぞれ単品で装着することは可能だが、同時に装着したほうがマッチングはいいだろう。
 これらのエアロパーツにより、純正仕様のアブソルートが持つエッジの効いたフォルムがさらに強調され、よりアグレッシブなスタイリングとなる。
 そして、エクステリアのドレスアップでは、各パーツの「色使い」もポイントになる。これはボディ色に対して、装着するエアロパーツのどの部分を同色にし、どの部分をアクセントとして違った色合いにするかということで、オデッセイのような上級ミニバンの場合、メッキやブラックといった高級感やスポーティさを強調するアクセントカラーが選ばれることが多い。
 無限のエアロパーツの場合、メッキのアクセントを大小さまざまに散りばめており、たとえばフロントアンダースポイラーの中央部分やアッパーグリルの下などには、薄身のメッキパネルを配しつつサイドステップには大きな面積のメッキガーニッシュを施している。また、逆に、純正ではメッキのパネルがオプション設定されているフォグランプベゼルには、あえてボディ同色のパネルを配している。
 こうした色使いのバランスがドレスアップのポイントとなるだろう。とくに、上級ミニバンではボディカラーにブラック系かホワイト系が選ばれることが多いので、なおさらメッキパーツの使い方が重要になる。

EXTERIOR

フォルムを活かしたスポーティなエアロを選択する

オデッセイのスポーティなフォルムをさらにアグレッシブにする無限のエアロパーツ。フロントはアブソルート専用のハーフタイプのアンダースポイラーと、上下2段のグリルでエッジ感を表現。フォグランプのパネルはボディ同色としながらグリルをブラックアウトし、精悍さをアピール。リヤもアブソルート用のバンパー形状に合わせたデザインのアンダースポイラーとしている。特徴的なのはサイドステップで、メッキガーニッシュが効果的なアクセントになっている。ドアミラーは鏡面をウインカーLED(流れるタイプ)内蔵のブルーミラーに交換。
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

INTERIOR

デザインはもちろん機能性も気に掛ける

エクステリアのアグレッシブさに対しインテリアはシックな仕上がり。ルームミラーにカーボンカバーを装着しているのみだ。無限といえば、ホンダファンには上質なフロアマットを車種ごとにラインナップしていることで知られているが、オデッセイ用ももちろん用意。3列シート分のフロアマットに加え、トランクマットも用意する。目付量(パイル密度)も多く、裏地には滑り止め加工も施されており、またクリップで固定される構造のため脱着も容易だ。なお、1台分の価格が純正フロアマットと同じなので、新車購入予定者は比較検討が必要かもしれない。
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR

The Roots of ODYSSEY

優れた燃費と走行性能を実現する
革新のハイブリッドミニバン

1994年の初代オデッセイ誕生を皮切りに、ファミリーユースからドレスアップベースとしても優れ、幅広い層から支持されている。現行のRC型にはハイブリッドが設定されるなど環境にも配慮されているばかりか、スポーツハイブリッドの名に恥じないスポーティな走りも魅力だ。

ホンダ オデッセイ

TUNER

M-TEC
M-TEC
M-TEC
埼玉県朝霞市膝折町2丁目15-11
TEL:048-462-3131
WEB:http://mugen-power.r-cms.jp

ホンダ車専用のアフターパーツ製造や販売を行うM-TEC。同社ブランドの「無限」製品は、レース活動などを通して得た技術をフィードバックしているのが魅力。ホンダ=無限の図式が成り立つほど、ホンダユーザーにとって憧れである無限は、他車と差をつけるのにオススメだ。

Page1 ワンメイクスペシャル ホンダ オデッセイ
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル ホンダ オデッセイ)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧