グーパーツTOP > パーツ特集 > パーツ特集企画
スズキ スイフト ワンメイクスペシャル tuned by ミノルインターナショナル(TM SQUARE)
スズキ スイフト ワンメイクスペシャル

コンパクトながら軽快な走りとアフターパーツの豊富さが魅力の3代目スイフトスポーツ(ZC32S)。
ストリートからサーキットまで幅広くこなす同モデルの魅力を最大限引き上げたTMスクエアのデモカーをご紹介。

素性を活かしたチューニングを施して
国産ホットハッチを全力で楽しむ

 今、もっとも「スポーツ」が楽しいクルマ、それがスイフトスポーツだ。コンパクトなボディに元気のいい1.6Lエンジンを搭載し、キビキビと走る姿はまさにホットハッチ。国産車でスポーツカーというと3ナンバーサイズで排気量の大きなエンジンを搭載するモデルが多いが、小さなボディでも走りを楽しめるということで、スイフトスポーツの人気が高まっている。
 そんなスイフトスポーツの「走る楽しさ」を存分に味わえるのがサーキット走行会などのスポーツ走行だ。ノーマルのままでも気持ちよく走れるし、チューニング仕様でラップタイムを競うのも面白い。
 スイフトスポーツのチューニングのポイントは、まずサスペンションなどのシャシーまわりだ。ストリート仕様でも車高ダウンとサスペンションのグレードアップ、ハイグリップタイヤの装着というのは定番のチューニングだが、サーキット仕様の場合も、これらの基本的なメニューで十分に楽しめる。
 エンジンパワーは約1トンの車重に対して136psとそれほどハイパワーではないのだが、そのパワーを駆使してシャシーとドライビングで速く走らせるのがスイフトスポーツの楽しみ方。
 そのためには、まずハイグリップラジアルタイヤとそのグリップを活かすためのサスペンションチューンが必要だ。重心を下げるために車高を下げ、ロールを減らすためにスプリングを硬くする。本格的にサーキットを走ろうというのなら、車高調整式のサスペンションキットを装着するのがいいだろう。そのほか、ブレーキ、スタビライザー、LSDなどのチューニングも効果的。サーキット走行では、タイムの短縮、ドラテクの向上とともに、これらサスペンションパーツの仕様変更やステップアップが必要になることも。

EXTERIOR

効率的な空気の流れを実現したエアロパーツ

スイフトでサーキットを走るなら、エアロパーツの装着も有効。ただ、その際、デザインだけではなく、空力性能、とくに「ダウンフォース」に配慮された製品を選びたい。車体を路面に押しつけるダウンフォースにより、コーナリング時やブレーキング時の安定性が高まることで、より「攻める走り」ができるようになるからだ。TMスクエアのフロントバンパー、ボンネットはエンジンルームに導風しながら、車体に負圧がかかるように空気を排出する効果を狙った形状。サイドステップもリヤバンパーも、同様にダウンフォースを高める効果がある。

EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR
EXTERIOR

INTERIOR

シンプルかつ機能性を重視

ストリート兼サーキット仕様なら、インテリアはシンプルにまとめたい。ステアリングはエアバッグ付きを残したいが、コンペティティブなものに交換してもいいだろう。シートはフロントにフルバケットを装着しやすい(4ドアボディなので後席の乗り降りに関係ないため)。本格的にスポーツ走行をするならフルバケットがいいだろう。また、走行中のエンジンのコンディションを知るためには油温・水温などのメーターは必要だ。この車両ではMXLのマルチメーター(ロガー)を装着。また電動ファンコントローラー(VFC-Ⅱ)も装備。
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR
INTERIOR

The Roots of SWIFT

本格的なスポーツ走行が味わえる
国産Bセグメントハッチバック

低価格ながら欧州車に引けを取らない走行性能が魅力のスイフト。現行モデルは4代目となり、先代のコンセプトを継承しつつもマイルドハイブリッドといった先進技術を取り入れるなどし、着実に進化を遂げている。9月にはファン待望のスイフトスポーツがついに登場する予定だ。

スズキ スイフト

TUNER

ミノルインターナショナル(TM SQUARE)
ミノルインターナショナル(TM SQUARE)
ミノルインターナショナル(TM SQUARE)
東京都町田市南町田3-26-32
TEL:04-2788-7878
WEB:http://www.tm-square.com

コンパクトカー好きとして知られる元レーシングドライバーの「田中 実」氏が立ち上げたブランド。現役時代に培ったノウハウを活かしたマニアックなパーツの数々はスイフトユーザーからの信頼も厚い。ほかにもクーラントや電動ファンコントローラーといった冷却パーツを専門的に取り扱うブランド『BILLION』も展開する。

Page1 ワンメイクスペシャル スズキ スイフト
Page2 チューンアップスタイル
Page3 オススメパーツセレクション
NEXT >>
(チューンアップスタイル)
TOP
(ワンメイクスペシャル スズキ スイフト)
 
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧