グーパーツTOP > 車パーツの購入・買い替えナビ > タイヤ・ホイールセレクト > ミニバン向けタイヤの選び方。輸入と国産どちらがいい?

ミニバン向けタイヤの選び方。輸入と国産どちらがいい?

タイヤ/ホイール セレクト 本当に大丈夫? 意外と知らないタイヤ・ホイールの選び方を教えます

高い実用性と快適性などから人気の高いミニバンは、各自動車メーカーが力を入れる基幹カテゴリーです。同様にたくさんの種類が販売されるミニバン専用タイヤについてはどのような選び方をすれば良いでしょうか。また輸入タイヤと国産タイヤの違いにも理解を深めたいと思います。

ミニバンタイヤの主な特徴とは?

ミニバンタイヤの主な特徴とは?

ミニバン専用タイヤというのは、ミニバンの特徴を活かし、弱点を補うように専用設計されたタイヤということです。まず、広い室内スペースが特徴であるミニバンタイプの傾向として、全高が高く、セダンタイプやステーションワゴンタイプの車種に比べて重心位置が高いのが特徴です。室内高が高いことは快適な居住性という点では大きな長所ですが、走行時には車体が左右に揺すられ、乗り心地を大きく損ねることになります。また左右に傾くことで、タイヤにかかる圧力が不均衡になりタイヤの偏摩耗にも繋がります。そのため、ミニバン専用タイヤは、ミニバン自体の弱点を補うべく、タイヤのサイドウォールを強化するとともに、タイヤ内部のワイヤー剛性を高め、揺れを軽減することと路面への食いつきアップさせるための工夫がなされています。また、同時に車両重量に配慮したブレーキ性能が得られるように、トレッド面のコンパウンドも変更されています。ただし、ひと言にミニバン専用タイヤと言っても、揺れを抑え静粛性と乗り心地のバランスを重視したコンフォートタイプなのか、転がり抵抗を減らした省燃費重視なのか、ドライグリップ重視の走行性能重視なのか、雨の日の制動力を重視したタイプなのか、といったような、さまざまな特徴を持ったミニバン専用タイヤが販売されています。他の車種よりも多種多様な、ミニバンのキャラクターにあったラインアップが用意されているのもミニバンタイヤの特徴の一つです。

輸入ミニバンタイヤと国産ミニバンタイヤに性能の違いはある?(耐久性、ノイズ等の面で)

輸入品と国産に性能差は特にないでしょう。ただし、ミニバンに対する考え方や使い方から、各タイヤメーカーともさまざまな特徴を持つ銘柄がラインナップされています。独自のサイレントテクノロジーにより静粛性に優れ、上質な走りと乗り心地を高次元で実現したブリヂストンタイヤのREGNO GRV II、低燃費性能とウェットグリップのバランスの良さで定評があるヨコハマタイヤのBluEarth RV-02、特殊吸音スポンジ(サイレントコア)を装備し、ノイズを抑え静粛性の高さで定評のあるダンロップタイヤのプレミアムコンフォートタイヤVEURO VE303、剛性感が高くふらつきを感じにくい優れた安定性と低燃費性能のバランスに定評のあるトーヨータイヤのTRANPATH mpZ、高速走行の安定性・上質な乗り心地に定評があるミシュランタイヤのPRIMACY 3など、各タイヤメーカーで独自のユニークな特徴を持つタイヤが実に多く存在します。最近ではプレミアムカーやスポーツカー向けのタイヤメーカーとして知られるイタリアのピレリタイヤやドイツのコンチネンタルタイヤからも日本のコンパクトカーやSUV向けのタイヤが発売されるなど、日本市場を意識したタイヤが開発される動きがあり、今後の動向が注目されます。
※商品情報は2017年8月時点のものです。

輸入ミニバンタイヤと国産ミニバンタイヤに価格の違いはある?

輸入タイヤ、国産タイヤにおいて、性能や品質以上に差があるのは、価格です。アジア諸国製の輸入タイヤの中には圧倒的な低価格を売りにしているブランドも見受けられます。それに対してアメリカや欧州ブランドの輸入タイヤは、国産とあまり変わりないか若干高めの価格設定のものも存在します。

ミニバンタイヤの選び方のポイントとは?

ユーザーの求める要素はさまざまあると思いますが、多くの方に共通しているのは「安全性能」「燃費性能」「快適性」「価格」ではないでしょうか。

「安全性能」

車が路面と唯一接するタイヤ選びにおいて、走行中の安全性はもっとも重視される要素です。路面をしっかり捉え、グリップ性能と直進安定性能に優れたタイヤ選びが重要です。

「燃費性能」

タイヤの転がり抵抗(グリップ性能)と燃費性能は、相反する性能ですがどう両立させるかがタイヤ選びのポイントとなります。トレッドやサイドウォールの硬いタイヤは、燃費性能は優れても、乗り心地やブレーキ性能には不利となる要因です。

「快適性」

路面からの衝撃を吸収し、快適な乗り心地に影響するのはもちろん、優れたタイヤは静粛性も兼ね備えております。

「価格」

車の用途や使用目的、車種の特性をしっかり理解し、それに見合った価格のタイヤをチョイスすることが大事です。また、少々割高でも長い目で見れば耐久性や快適性に優れるタイヤは、検討される価値があります。

上記の通り、国産タイヤと輸入タイヤの特徴をしっかり理解することが大切です。次のタイヤ交換までのおおよそ5万キロを快適に安全に走行するためにミニバンのタイヤ選びは重要です。ぜひ、専門店などのプロに相談して数多くのミニバンタイヤの中から、自分にあったタイヤ選びをおすすめします。

タイヤ・ホイールを探す

あわせて読みたい記事

タイヤ・ホイールセレクトに関する総合情報

パーツに関する総合情報

パーツ特集企画バックナンバー
【ワンメイク】
グーパーツ iPhoneアプリケーション
グーパーツ iPhoneアプリケーション グーパーツ iPhoneアプリケーション
iPhoneアプリケーションで、いつでもどこでもパーツを探して購入ができます!iPhoneユーザーは必見!

無料ダウンロードはこちら

レースクイーンコラム

パーツ用語辞典
パーツ用語辞典 パーツ用語辞典
パーツでわからないことがあればここで調べよう!
アフターパーツ特集
アフターパーツ特集
パーツ取り付けガイド
パーツ取り付けガイド パーツ取り付けガイド
パーツの取り付け方法からグレードアップまでグーパーツが徹底追求
パーツ購入基礎知識
パーツ購入基礎知識 パーツ購入基礎知識
パーツの上手な買い方を徹底追求!
パーツに関する総合情報
パーツに関する総合情報
パーツに関する総合情報
カーパーツの購入・買い替えナビ
TOP
カーオーディオセレクト
カーナビセレクト
カスタムパーツセレクト
タイヤ・ホイールセレクトの
新着記事一覧
パーツ特集企画
バックナンバー
【ワンメイク】トヨタ 86
最大限86を楽しむことができるカスタムパーツをラインアップ
【ワンメイク】スズキ スイフト
素性を活かしたチューニングを施して国産ホットハッチを全力で楽しむ
【ワンメイク】ミニ クロスオーバー
街中に溶け込むオシャレデザインから一転力強さを主張するアグレッシブカスタム
【ワンメイク】トヨタ C-HR
話題のクルマを大胆にドレスアップひと目でわかるカーブティックコーデ
【ワンメイク】トヨタ タンク
表情豊かな新進気鋭のコンパクトトールワゴンスタイルと実用性を両立させる
【ワンメイク】トヨタ ハイエース
固定概念を払拭した新スタイルでハイエースの可能性を見いだす
【ワンメイク】スバル WRX STI
実用性と走りを両立したスポーツセダンをスパルタンなテイストに仕上げる
【ワンメイク】ダイハツ ウェイク
軽自動車と思えないほどの佇まいがクラス以上の存在感をもたらす
【ワンメイク】アバルト 595
大胆なビス留めオーバーフェンダーや洗練されたパフォーマンスで常識を覆す
【ワンメイク】ホンダ オデッセイ
憧れの無限パーツを身に付けスポーティにドレスアップする
【ワンメイク】トヨタ プリウス
ハーフエアロをチョイ足しするだけでガラリと印象を変えることができる
【ワンメイク】マツダ デミオ
やりすぎるくらいが丁度いい クラスを超えた佇まいで魅せる
記事一覧
サーキットの女神たち
バックナンバー
小林沙弥香
SUPER GT
Mobil1 レースクイーン2017
神崎美羽
GAINER
白川なつき
カルソニック TEAM IMPUL
生田ちむ
apr HYBRID VICTORIA
三浦みなみ
R'Qs triplets
今村仁美
apr HYBRID VICTORIA
記事一覧
カー用品を車種から探す
トヨタ 日産 ホンダ
マツダ スバル 三菱
スズキ ダイハツ レクサス
BMW ベンツ アウディ
MINI フォルクスワーゲン
全てのブランド一覧を見る
カー用品をジャンルから探す
タイヤ・ホイールインチ別一覧  タイヤ・ホイール
カーナビ・モニタージャンル一覧  カーナビ・モニター
オーディオジャンル一覧  カーオーディオ
カスタム・チューニングパーツ一覧  カスタムパーツ
純正・純正代替パーツ一覧  純正・純正代替パーツ
グッズ・アクセサリージャンル一覧  グッズ・アクセサリー
全てのブランド一覧を見る
カー用品ブランドから探す
BBS ホイール&タイヤ
レイズ ホイール&タイヤ
OZ ホイール&タイヤ
ブリヂストン タイヤ
ゴリラ ポータブルナビ
カロッツェリア 1DINオーディオ
レカロ シート(セミバケ)
全てのブランド一覧を見る
グーパーツTOP > 車パーツの購入・買い替えナビ > タイヤ・ホイールセレクト > ミニバン向けタイヤの選び方。輸入と国産どちらがいい?